スマホ版 DEZERT@京都(3/14追記) | 遠天ノヰロヲゼ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

DEZERT@京都(3/14追記)

DSC_0003.JPG

拾い物順不同
おはよう
infection
肋骨少女
「追落」
「セイオン」
大塚ヘッドロック
「排泄物」
新曲
ゴシック
「遺書。」
MONSTER
包丁の正しい使い方-終息編-
「死刑宣告」
「教育」
「変態」
「君の子宮を触る」

EN
新曲(バラード)

千秋 イズ クレイジー
遺書の次の曲と次の次の次の曲とアンコールの曲がめっっっちゃ好き…
気付いたら千秋氏が顔面流血しててびびったしモーゼさせて逆最前まで来てWODさせて柵壊すし代わりに床に寝転がるしドラム叩くし普通に上手いし。
バラードがどれもめっちゃ良いのずるい。


20170228 DEZERT「千秋を救うツアー」@京都ミューズ

2年前にCOMMUNEで観て気になり始めたらすかさず布教されたDEZERTのロングツアー@京都。
何だかんだライブを観たのはそれ以来だけど、あのメジャーの先輩バンドしか居無いイベントでもあの堂々っぷりだったからワンマンで観てみたいなぁと思ってた。
それにしてもツアータイトルにインパクトがありすぎて(笑)
ソールドはしてないものの平日で7割ぐらいは入ってた。
あんまり知識も無いし曲も半分ぐらいしか解らないから簡単に感想メモ。

場内BGMはずっと70年代ぐらい?のYesterday〜♪って洋楽1曲だけを延々リピートしてたんだけど、穏やかな子守唄みたいなポップスなのが意外だった。
暗転してSEがある訳でもなく普通にメンバーが登場。
COMMUNEの後にギターが脱退してex.Moranのviviが加入したんだっけ、今はMiyakoか。
ベースのSaZ氏が肉厚のキリストみたいになってた。叫様の面影を感じた。
肋骨少女のベース始まり格好良かった。ここのリズム隊も結構好みな音。
拾ってきたセットリストが順不同らしいから解らないんだけど、遺書の次の曲、MONSTERの次の曲、新曲って紹介された曲、アンコールでやってたバラードが凄く好き!
割と変な曲が多い気がするんだけど、激しい曲でもメロディが綺麗だったり歌ものやバラードが物凄く良いと思う。好き。
COMMUNEでGhostを聴いた時もあまりにも好みすぎて動揺したもの…Ghostが好きすぎて完売音源集2買ったもの…

COMMUNEの時も千秋氏は非常にフリーダムなボーカルだなぁと云うのが印象的だったんだけど、今日観て千秋氏は頭おかしいと思った。千秋 is crazy。
前の方の客を密集させて客の上を歩くのが定番のパフォーマンスっぽくて「俺を支えろ。俺を物理的に支えろ、落ちてしまうだろう」って云ってるのが何か妙にかわいかった…
何かの曲ではベースを持ち出してSaZ氏と並んで弾いてみたり、別の曲ではSORA氏が煽りに出てきて「俺ぶっちゃけ一般男性より重いと思うからちゃんと支えて!!」とか叫びながらダイブしてる間ずっと代わりにドラムを叩いてたり。
ってか千秋氏ドラム普通に上手くてびっくりした…非ドラマーが叩くドラム特有のキレの悪さが全く無かった…SORA氏に比べたらパワーは劣るけど何の違和感も無かった…
教育では気付いたら顔面から流血しててぎょっとしたけど不慮の怪我だったのか自傷パフォーマンスなのか判断できないキャラ。
あと何かの曲の前に云ってた「お前らさぁ、どうせ夢も希望も中途半端なんだろ?何となくモヤモヤしてんだろ?ならやることは一つだ、俺を支えろ!」って言葉が何かぐさっときた。
「僕はまだメンバーのことを仲間だとは思ってないけど、君たちのことは最近少しだけ好きになってきました」みたいなことも云ってた。

私は1番後ろの区切ってある柵の前で観てたんだけど、終息編でフロアが左右に分かれたからWODだと悟って横に抜けようとしたら千秋氏がステージから降りてずんずん後ろに歩いてきた。
嫌な予感がして慌てて離れようとしたら区切ってある柵に登って関係者エリアっぽいスペースに入り込む千秋氏。
そして自分に向かって客を突進させたもんだからヤワいプラスティックの柵は一瞬で大破(笑)
慌てて飛んできた男性スタッフが2人必死で柵を支えようとしたけど敵う筈もない(笑)
至近距離の顔面血塗れの千秋氏に怯えてる間に逃げ遅れて柵ごと雪崩に巻き込まれて笑うしかなかった(笑)
流石にステージに向かって手を振りながら演奏を止めさせて、ステージに戻るのかと思ったら今度は左右に分かれたフロアの真ん中に寝そべる千秋氏。
千秋「このままだと俺、皆の体重で死んじゃうよね…でも死んでも良い気持ちでライブやってるからこれで良いんだよね…」
そのまま自分に向かって突っ込ませるつもりなのかと何かもう不安と云うよりも期待の眼差しで千秋氏を見てる客一同(笑)
千秋「……でも明日は生きたいから死ぬのは今度にしよう」
で起き上がってステージに戻っていく千秋氏ほんとにフリーダムだ…
アンコールはツアーTシャツで出てきてMC一切無しでバラードを1曲だけやってすぐ捌けていったんだけどこの曲がまためっちゃくちゃ良かった…!!

千秋氏は正しく中二病なんだろうなぁと云うか、何となく思春期の少年みたいな危なっかしさを感じた。
だから勝手に何か小柄なイメージがあって、終息編で千秋氏を近くで見た時に思ったよりでかいと思ってしまった(笑)
千秋氏は何か珍しいパターンだなぁとも思う。バンドマンとか表現者って自分が救おうとする側に回ることが多いイメージなんだけど、このひとは「俺を救え!」って横柄に声高に要求してるみたいな。このツアータイトルに絡めてなのかも知れないけど。
なのにアンコールで着てたツアーTシャツは「救いに行くver.」なんだよな、「救われたいver.」じゃなくて。救われたいver.のTシャツ買いたかった…
あと千秋氏のパフォーマンスを見てて何となく蜉蝣と云うか大佑ってこんな感じだったのかなぁと思った。
私は蜉蝣は通ってないから完全にイメージだし曲の感じとかはギルガメが近い気がするけど。Яyoがアレンジ参加したらしいし。


楽しかったし格好良かったし、とにかくDEZERTはなかなか規格外なバンドだと凄く思った。これは売れるだろうなぁ。また観に行きたい…

Posted by 遠里 at 19:49 | live | comments(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 19:49 | - | -

コメント

コメントする







Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>